学童保育所こぐまクラブ

学童保育所こぐまクラブ

2013年4月1日。静岡市葵区昭府1丁目に、学童保育所こぐまクラブを開設します。こぐまクラブは、こぐま保育園を運営する社会福祉法人静岡福祉会が経営母体となり、保護者と指導員が共同で運営する「学童保育所」です。放課後の子どもたちが安心して楽しく過ごせる居場所を、保護者のみなさんと指導員で力を合わせて作ります。

◎ 子どもと親の 安心で豊かな 放課後のために 考えました。

午後7時までの保育(平日)

保育園は午後7時まで保育があったのに、児童クラブはなぜ午後6時までなの?という声に応えます。

6年生まで安心

高学年になっても安心できるよりどころになる場所が必要です。

安心おいしいおやつ

こぐまクラブのおやつは手作り中心!材料も新鮮なものにこだわります。「子どもの口に入るものは十分吟味したいですね!」

学習援助で安心

宿題は、学童の仲間たちと一緒に!子どもたちが学習しやすい環境を整えます。

指導員の高い専門性

実績のある指導員が親切丁寧に保育します。子育てや生活の悩みもご相談ください。一緒に考えていきましょう!

こぐま保育園と連携

こぐまクラブは、乳幼児保育の長い実績をもつこぐま保育園を運営する法人が運営します。連携して子どもの保育をしていきます。

◎ 説明会のお知らせ

説明会を開きます(12月1日13時半〜、19時〜) ←終了しました。

説明会チラシ(ダウンロード)

クリックするとダウンロードできます。

◎ お知らせ、そして、こぐまクラブへの私たちの願い

CIMG1612.jpg

利用料金

通常会員
平常月 13,000円
8月 20,000円
3月 18,000円
入会金 10,000円
特別会員(平常月利用なし)
8月 23,000円
3月 18,000円
一時保育、1時間500円(おやつ代は別途徴収します)
入会金 5,000円
割引き制度
4年生以上 平常月10,000円
2人目以降同時入所 平常月10,000円、8月16,000円、3月13,000円

IMG_3118.jpg

保育の特徴

 静岡市立の児童クラブがあるのに、なぜ、こぐまクラブを開設するのでしょうか。私たちは、静岡市立の児童クラブでは十分に保障されていない次の点を、子どもたちに保障したいと考えているからです。

  1. 午後7時まで保育可
  2. 高学年もOK!
  3. アットホームな人数
  4. 安心おいしいおやつ
  5. 豊かな生活経験
  6. 仲間とともに
  7. 指導者の高い専門性

詳しくはこちら(ダウンロード)

SANY0979.jpg

職員の専門性や倫理

 現行では国の学童保育の制度は不十分なもので、職員の養成制度も公的な資格もなく、研修もきわめて不十分です。この仕事を単なる「子守り」程度と考えている職員や行政も少なくないのが現状です。
 こぐまクラブでは、学童保育を担う職員には高い専門的力量や倫理が必要であると考えています。こぐま保育園や学童保育を研究している静岡大学石原剛志研究室とも連携をしながら、職員の研修や実践研究、保育計画の策定にあたるとともに、学童期の保育のあるべき姿をも探求していきたいと考えています。

CIMG1651.jpg

親も相談できる場

 子どもが小学生になると、勉強でつまずいたり、友だちとの関係で悩んだり、学校の先生と相性があわなかったり、ということは、よくあることです。こうした子のつまづきや危機は、親にとっても悩みの種です。働きながらの子育ての大変さもあるでしょう。子が高学年になれば、思春期ならではの「危機」を親も子も迎えることになるかもしれません。こぐまクラブは、親の子育ての悩みを相談できる場でありたいと考えています。

問い合わせ先
社会福祉法人静岡福祉会 こぐま保育園
住所
〒420-0871 静岡市葵区昭府1丁目2−25(こぐま保育園)
(最寄りバス停 静鉄バス<籠上北><籠上中>)
電話
054−271−6475
e-mail
koguma@fmwbs.jp